車を売るガリバー

ガリバーという業者は、顧客から車を買い取っています。そして買い取った車は、一度はガリバーが保管します。しかし、それほど長い期間保管する事はありません。顧客から車を買い取ったら、なるべく速やかに売却するという姿勢になっているのだそうです。

なぜそのような姿勢になっているかというと、車の維持費です。ご存知の通り車というのは、それを持っているだけでも維持費がかかります。自動車税などもかかってきますね。それはガリバーにとっても、必要経費の1つになってしまうのです。

このためガリバーとしては経費を抑えるために、顧客から買い取った車はできるだけ速やかに売却しています。速やかに売却をすれば、保管期間が短くなります。すると維持費なども抑えられるでしょう。
シエンタ 下取り
またガリバーでは、それを実現するために独自のオークションを利用しています。ディーラーなどでは車の展示場などで売却しているケースが多いのですが、ガリバーでは展示場ではなくオークションを活用しています。なぜなら展示場の場合、売却までに日数がかかるケースが多いのだそうです。長らく展示をしていれば、その分コストもかさんでしまいますね。ところがガリバーの場合はオークションで速やかに売却できるので、経費を削減する事ができる訳です。

そして、それはガリバーによる車の査定金額にも関係があります。ガリバーは車を高く買い取る事ができるとアピールしているのですが、その理由が上記の車の保管なのです。保管日数を短くできれば、その分維持費を少なく抑える事ができます。削減した経費は、顧客の買取金額に反映するというスタイルになっている訳です。
このように無駄な経費をカットする事で、ガリバーは顧客から車を高く買い取ることができている訳ですね。